町田 幸展 開幕

淡いパステルカラーの やわらかく優しい磁器

今回は 練り込みの器も増えました

 

1/5までの午後は 町田さん在廊なさいます

新作の数々 どうぞお楽しみください

”クラッカーテロ” 報告

 

 二人展 楽しく終了しました

縄文好きのお二人ならではの 

野焼きした土器もいっぱい 異色の展示会となりました

大勢の陶芸作家の方々も 見に来てくださり

自由な発想のお二人を 讃えていました

 

初日の”クラッカーテロ”

安藤さんの学生時代のお友達3人による

「おめでとうサプライズ」事件

twitterで、リアルに再現

ぜひご覧ください

風邪をひいている私のマスク・赤いカーディガンまで

しっかり描いてくださり 爆笑しました

「舞台」歴史に残る 素敵な事件

ありがとうございました

 

https://mobile.twitter.com/aka_sokohi/status/1206028317779841024?s=06

安藤子由利さん

 

 子どもの頃から絵を描くのが大好きだった安藤さん、いつの間にか絵本の世界に魅せられていきました。
デザインの専門学校で、ストーリーを考え絵を描き、製本まで手掛ける絵本作りを学びました。
絵本編集者によるWSにも参加し、その仲間から紹介され、陶芸教室通いを始めたのがやきものとの出会いでした。
平面で表現する絵本と違い、立体で世界観を作り上げるやきものに新鮮味を感じました。
 初めて行った笠間と益子の陶器市では、作家にいろいろ話を聞き、結局、笠間の窯業指導所でやきものを基礎から学ぶことにしました。
窯業指導所1年・笠間の窯元に3年勤務の後、半年間は作家のスタッフに。

窯元勤務と個人作家の、作るもの・作り方の違いーオリジナリティー・作家性の大切さーを痛感しました。

 

 

  2017年独立。今の制作の中心となる四つ足動物を初めて作りました。独立してやっていけるかの不安はありましたが、好きな仕事を長く続けたいと夢中でした。
 一人っ子だからか、団体行動や縦社会の規律にはずっと息苦しさを感じていました。
陶芸作家は、自分の世界を形作るのが仕事。生みの苦しみもありますが、すべて自分次第でできるのが合っているようです。 
好きな言葉は「日日是好日」「晴耕雨読」
自然に逆らわず、毎日を明るく元気に。 
大好きな絵本の世界を形にしていく喜びを感じながら、楽しく続けていきたいと思っています。

 

縄文大好きな二人

絵本好きの安藤子由利さん と

彫刻を学んだ小松弦太さん 

縄文大好きな若手作家の二人展です

 

安藤子由利   土笛(後列) 土鈴 (前列)

 

小松弦太   土器 鳥

 

野焼き(焚火のような中で焼いた)の土器いっぱい

(火から出したてのものを置いた板を 台に使用)

 

初日 安藤さんの学生時代の友達3人が

サプライズにて 

パーティークラッカーでお祝いしてくれました

散らかったものを片付けるため

ミニ塵取り・ホウキ持参という周到さ

素敵な心優しいお友達

私も 楽しませてもらいました

ありがとうございました!

 

もちろん 

野焼きの土器以外の いつもの作品

安藤さんの動物の花入れや

小松さんのシンプルな食の器も

たくさんの中から選べます

一味違うやきものの世界も お楽しみください

 

12/25(水)まで開催
年内最終営業日となります

 

土鍋と茶香炉

新米をもっと美味しくする土鍋 18点そろいました

普通の土鍋より 

背が高いほうが対流で美味しく

フタが重いほうが 圧で美味しく

二重フタか 一重でも重いフタです

 

黄伊羅保刷毛目 飯碗

ご飯茶碗も 10種類以上

 

茶香炉 龍

水から 上がったところ

 

歯 と 舌  

 

手には 玉を抱えて

茶香炉は ネコ11匹もいます

 

繊細さと大胆さを 薪窯で表現

小山さんの新作の迫力 すごいです