大貫博之さん

モノトーン カップ&ソーサー

「舞台」に新しく仲間入りした 大貫博之さん
シンプルで 切れのある形
大きさいろいろ プレート
ぐい吞み  片口

半磁器なので 丈夫で使いやすさもあります
暑くなるこれからの季節
目にも涼やかさを 感じます

1961 水戸市生まれ
1985 東京造形大学デザイン学科(グラフィック専攻)
1993 茨城県窯業指導所(現 笠間陶芸大学校)修了
1994 益子町 坂田甚内氏 師事
1995 笠間市にて独立

長くお休みしてしまいましたが
5月23・24・30・31日
(11~ 17時)営業再開します
新緑が心地よい笠間へ
よろしければ 
くれぐれも お体大切にお過ごしくださいね

松本良太さん

タヌキ

「舞台」前の道は
朝夕お散歩なさる方がたくさんいます
松本さんのタヌキがいないと
「あれ?逃げちゃったの?」と言われたり
今年も 花の時季となり タヌキ登場
レイヤー(褶曲文 シュウキョクモン)マグ

タタラ(薄い粘土の板)を200層以上にも重ねる
練り込み
今回は 内側にマンガン釉
金属質なこげ茶が コーヒーに映えます
フリーカップ
ぐい吞み

オオデマリ

ひまつりに合わせるように
いつもこの時季に満開に
笠間のつつじまつり
残念ながら 今年は中止に
申し訳ありませんが
5月下旬頃まで
臨時休業を延期致します
どうぞ どうか
お体も 心も
お健やかでありますように
またお会いするのを 楽しみにしています

お知らせ

とてもとても残念です。

茨城県が

新型コロナウィルス特定警戒対象県に指定されたことから

4 / 20(月)~5 / 6(水)臨時休業させていただきます。

皆様のご無事を心から祈り、

元気な笑顔にお会いする日を楽しみにしています。

なお、HP・Instagramでご紹介した作品など、

ご希望あれば配送致しますので、お知らせくださいね

一日も早く、日常が戻ってきますように。

いつも本当にありがとうございます。

卯月の新着

髙橋協子  「雲にのって」オルゴール
「笠間稲田こども園」の壁画を手掛けた協子さん
その一部を立体化して作った オルゴール

落ち着かない日が続いていますが
いかがお過ごしでしょうか。
恒例の陶炎祭(ひまつり)も延期されました。
「舞台」は
当面 閉店5時にさせていただきますが
通常通り営業しています。
Instagramも含めて
お気に召したものがあれば
配送しますので、お気軽にお知らせくださいね
橋口暢広  織部浅鉢
鈴木明日美  つるかめ長皿
町田 幸 みゆき  カップ&ソーサー
柴田裕子ゆうこ  マグカップ
坂本 新あらた  ラスター彩5寸皿
島﨑小乙里  UMISORA サラダのお皿
安藤子由利  カメ花器
小人を取ると 花が入ります

どうぞ どうか
春から新緑へと移ってゆく
美しい自然をお楽しみになりますように
またお会いするのを
楽しみにしています
オオデマリ
毎年 ひまつりの時季には
大輪の花が満開に
蕾も だんだん大きくなってきました

弥生の新着

山崎さおり  炭化粉引 後ろ手急須 ネコ

窯に炭を入れて燻す(いぶす)ように焼くのが「炭化」
以前使っていたバーベキュー用の炭から
備長炭の粉を固めた炭に替えて
表情が変わりました 
大貫タツヤ  馬蹄の花入れスタンド

3ヶ月ごとに交換するという馬蹄
日本では
馬は人を踏まないことから
車のバンパーに付けて 交通事故のお守りに
西洋では
口が広がっていて 幸せをとりこむと
どちらも 縁起のいいもの
穂髙隆児  湯呑み 織部 赤織部

和食料理人として16年 料理長までつとめながら
笠間で 一から陶芸を始めて9年
今は 多くの飲食店でも使われています
Keicondo  マグカップ

料理家の方との
食のイベントもよくあり
「里山十帖」にも行きました
森 恭  粉引き角皿

ウサギのお雛様や 金のトカゲカップなど
個性的な造形物と
シンプルな器 どちらも人気です

「舞台」次の展示会は 5月ですが
常設作家の作品
いろいろ届いています
3月から 
夏時間 6時閉店となりました