初冬の新着

鶴野啓司  粉引き 小壺 (薪窯焼成)
稲吉善光  鉄釉 麵鉢
松本良太  レイヤー (練り込み)マグ
藤原里子  青赤釉 丼

絶妙なツートンの組合せ 
軽いのも 人気のヒミツ
島﨑小乙里  片口鉢
島﨑小乙里  UMI・SORA サラダのお皿

たくさんの新しい作品 届きました
笠間の紅葉も 今が盛り
「日本料理 天晴(てんは はれ)」(友部駅から徒歩5分)
という美味しいお店が 10/25オープン
「舞台」作家の器もお使いいただいて
盛付けのお手本が見られます
昨晩は
桜の一枚板のカウンターで 
料理人 永井智一さんの 美しい包丁さばきにうっとり
寒くなってきましたが
笠間で 身も心もあったかに

山崎さおりさんの茶器

炭化 焙烙 (ホウロク)
ゴマ・銀杏・お茶を焙じるのに使います
炭でいぶすように焼くのが「炭化」
炎の軌跡が見える 美しい景色
粉引き炭化 急須
象嵌 (ゾウガン) 後ろ手急須
マンガン釉 宝瓶(ホウヒン)
玉露のような低めの温度で淹れるお茶に

久しぶりに、山崎さんの急須や湯呑み
たくさん届きました。
優しい形で 感動的なキレの良さ
ぜひ体験してくださいね。

仲秋の新着

藤原里子   シーサー

沖縄大好きで 琉球舞踏の経験もある藤原さん
シーサー作りワークショップは いつも満員御礼 
坪内孝典   角 鉢
ドリッパー・ポット
ショットグラス (磁器)

秋の夜長に一献
美味しく ほろ酔いの お供に

小松弦太個展 in 長岡

Ambiguous World 曖昧な世界 (木・蔓・石)

9月8日(日)まで

maison de たびのそら屋 (新潟県長岡市)にて

秋の声聞く 新着

酒 盃

谷島 潤  馬の目皿

藤原里子 飯碗 タンポポ

プレート

柴田裕子 トリ型小鉢

暑さもそろそろ終わりかけ
収穫のの秋 食欲の秋に
新しいうつわ いろいろ届いています