山崎さおりさんの茶器

炭化 焙烙 (ホウロク)
ゴマ・銀杏・お茶を焙じるのに使います
炭でいぶすように焼くのが「炭化」
炎の軌跡が見える 美しい景色
粉引き炭化 急須
象嵌 (ゾウガン) 後ろ手急須
マンガン釉 宝瓶(ホウヒン)
玉露のような低めの温度で淹れるお茶に

久しぶりに、山崎さんの急須や湯呑み
たくさん届きました。
優しい形で 感動的なキレの良さ
ぜひ体験してくださいね。

仲秋の新着

藤原里子   シーサー

沖縄大好きで 琉球舞踏の経験もある藤原さん
シーサー作りワークショップは いつも満員御礼 
坪内孝典   角 鉢
ドリッパー・ポット
ショットグラス (磁器)

秋の夜長に一献
美味しく ほろ酔いの お供に

小松弦太個展 in 長岡

Ambiguous World 曖昧な世界 (木・蔓・石)

9月8日(日)まで

maison de たびのそら屋 (新潟県長岡市)にて

秋の声聞く 新着

酒 盃

谷島 潤  馬の目皿

藤原里子 飯碗 タンポポ

プレート

柴田裕子 トリ型小鉢

暑さもそろそろ終わりかけ
収穫のの秋 食欲の秋に
新しいうつわ いろいろ届いています 

舞台の夏

坂本 新   ラスター彩

8/3(土)から始まります
「カクテル ドロップス 坂本 新・金澤 (カネサワ) シュウ 二人展」

舞台の夏は フイリクズから
誘引の竹 設置終わり
すくすく伸びてグリーンカーテンとなります

屋根には よしず
西日の厳しさ・吹き抜けの店内のため
冷房が効かないほどの暑さだったオープン当初
よしずを張って 二枚屋根の構造にして
やっと 涼しくなりました

庭のブルーベリーも 色づき始め

日本一の笠間の栗も 少しずつ大きく

長かった今年の梅雨も 
蝉しぐれで目覚める 夏へと移りました
展示会の様子は「展示会日記」でご紹介します
どうぞお楽しみに